OA equipment IT

長所と短所

IPフォンのメリットとデメリット

IPフォンは、IP電話とも呼ばれるもので、IP技術を利用する電話サービスのことです。 従来の電話では、通話するためには1つの回線を専有する必要があり、通信量には限りがありましたが、IP技術を利用することで、ひとつの回線に複数の回線を含ませることが可能であり、1本の回線で複数の電話が利用できるというものです。特に安価なインターネット回線を利用すれば、国内はもちろん国外に対しても低料金で電話を掛けることができ、また通信容量も大きいため、テレビ電話にも使うことができます。 一方でデメリットとしては、停電時に使えないという点です。従来の電話では電話線から給電しており、通話そのものは電気がなくても行えますが、IPフォンの場合には自力の電力確保が必要になります。また障害が発生した場合などもその原因の特定が困難というデメリットがあります。

利用することで得られるもの

IPフォンを利用することで得られる最大のメリットはその通話料の安さです。IPフォンの中には、同じ回線網であれば、通話料が無料のところがありますし、有料であっても極めて安価に通話が可能です。 またIPフォンが利用するデータ回線は業務用パソコンのデータ通信のものを使うため、データ回線の共用ができ、従来の電話と異なり電話回線を引き込む必要がないメリットがあります。 それに会社など一定の大きさのある組織内で使う場合のメリットとしては、拠点ごとに専用のデータ回線を結ぶことで離れた地域の拠点を合わせて内線電話として使用することができます。 またデータ回線と統合することで、保守面の費用が安く、特殊なソフトウェアを使わないで、webベースでの保守管理を行うことができるメリットがあります。